So-net無料ブログ作成
モスクラシック ブログトップ

ワンランク上のモスバーガー「モスクラシック」グランドオープン!特徴やメニューは? [モスクラシック]

本日はモスバーガーの新業態、

「MOS CLASSIC(モス クラシック)」の紹介です。
広告



「MOS CLASSIC(モス クラシック)」

グルメバーガーとお酒が楽しめる“大人のモスバーガー”として、

2015年11月27日(金)に東京渋谷区千駄ヶ谷にオープン。
002 (400x266).jpg
※イメージ写真


MOS CLASSIC(モス クラシック)とは?

“大人のための憩いの場”をテーマにした「モスバーガー」の

ワンランク上のフルサービスのハンバーガーレストラン。

普段よりちょっと贅沢に、

ゆったりと自分の時間を過ごしたい男女に、

ランチには肉汁たっぷりの“グルメバーガー”を、

ティータイムには“光サイフォン”で淹れたコーヒーとできたてスイーツ、

そしてディナーにはグリドル料理とアルコールなど

様々なシーンを想定した新業態店舗です。


店内の雰囲気は?

店内はナチュラルな素材を使い、

ゆったりと座れるソファや落ち着いた照明など、

上質で心地の良い空間を演出。
mos-classic03 (600x373).jpg
※イメージ写真
また、大きなグリドル(鉄板)で調理する様子を見ることができる

“魅せる厨房”になっているので、

芳ばしい香りや音の演出なども楽しめる。


メニューは?
ワンランク上の”グルメバーガー”をメインとした

ハンバーガーやサンドイッチがなどが全10種類。

moscteri (313x183).jpg
中でも1973年5月にモスが日本で初めて発売した「テリヤキバーガー」を
アレンジした「モスクラシックテリ ヤキバーガー」(1,100円)が看板商品。

moscavo (318x183).jpg
アボカドと粗挽きパティが組み合わされた「アボカドバーガー」(1,150円)や、

mos-classic08 (538x304).jpg
ボリュームたっぷりの「オムレツのBLTサンド」(1,000円)

mos-classic06 (523x308).jpg
キドニービーンズを使った、スパイシーな「チリバーガー」(1,100 円)
などラインナップ。

mos-classic07 (600x396).jpg
※イメージ写真
その他フレンチの要素を取り入れたアラカルト18種類

グリドルで焼かれた「フレンチトースト」などのスイーツ4種類

“光サイフォン”で1杯ずついれられたコーヒー
(コーヒー豆はオリジナルブレンドを含め 3、4 種類)や、

生ビール、ワインといったアルコールドリンクなど。


「MOS CLASSIC(モス クラシック)千駄ヶ谷店」

【開店日時】2015年11月27日(金)10:00グランドオープン

【所在地】〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 1-8-11

【アクセス】総武線 千駄ヶ谷駅下車 徒歩3分

【営業時間】10:00~23:00(L.O. 22:00)

【定休日】不定休

【座席数】58 席 (うちテラス 4席) 全面禁煙(喫煙ブースあり)

今後は千駄ヶ谷店で検証を行いながら六大都市への出店を目指すそうです。

結構高めの値段設定ですが、落ち着いた雰囲気とこだわったメニューは

普段の「モスバーガー」とは違うみたいですね。

「モスカフェ」も結構落ち着いた雰囲気ですが、

更に大人の空間が楽しめそうです。

大阪に店舗展開することを期待しています。

それでは本日はこれで…

閲覧ありがとうございます。画像元(モス公式サイト)

広告




応援お願いします。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
モスクラシック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。